弁理士試験 受験番号の秘密

   

 弁理士試験の受験票に記載されている、受験番号。合格発表の時、自分の番号を探すのは本当にドキドキします。 そして、最後の方に自分の番号を見つけた時の安堵感、忘れられない瞬間となります。

   

 そんな受験番号を見れば、受験者の境遇がなんとなくわかるって知っていましたか? 今回は受験番号に秘められた、受験生の境遇を紐解いていきたいと思います。

一桁目は受験地を表す

 最初の数字は短答式試験と論文式試験の受験地を表しています。

  • 1(短答:東京 論文:東京)
  • 2(短答:仙台 論文:東京)
  • 3(短答:名古屋 論文:東京)
  • 4(短答:福岡 論文:東京)
  • 5(短答:大阪 論文:大阪)
  • 6(短答:仙台 論文:大阪)
  • 7(短答:名古屋 論文:大阪)
  • 8(短答:福岡 論文:大阪)

二桁目は短答式試験の受験科目を表す

 短答式試験は、前年・前々年度に合格している場合は免除されます。 また、審査官経験7年以上、知財大学院修了者は一部科目が免除となります。

  • 0(全科目免除:前年・前々年度合格者)
  • 1(全科目受験)
  • 8(一部科目免除:審査官経験者)
  • 9(一部科目免除:知財大学院修了者)

三桁目は論文式試験(必須)の受験有無を表す

 論文式試験は、前年・前々年度に合格している場合は免除されます。

  • 0(免除:前年・前々年度合格者)
  • 1(全科目受験※審査官は免除だがなぜかこちらの受験番号が付与される)

四桁目は論文式試験(選択)の受験科目を表す

 論文式試験(選択)は前年・前々年度に合格している場合および工学系の大学院を修了している場合は免除されます。

  • 0(免除)
  • 1(理工1:機械・応用力学)
  • 2(理工2:数学・物理)
  • 3(理工3:化学)
  • 4(理工4:生物)
  • 5(理工5:情報)
  • 6(法律(弁理士の業務に関する法律))

五桁目は以降は通し番号

 五桁目以降は通し番号となっています。

 いかがでしたでしょうか。 11月下旬に発行される官報には、受験番号と名前が公表されます。お知り合いの名前を見つけた時にこの受験番号の意味をしっていると また違う見方ができるかと思います。

トップページへ戻る