会社概要

運営 あなたの知財部 by 株式会社AHM
代表取締役 佐藤 彰洋
資本金 100万円
設立 2017年
取引銀行 三井住友銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行
代表者コメント  弁理士試験の最大の関門は一次試験である短答式試験です。合格率は受験年度によってばらつきがありますが、約8%と非常に狭き門となっています。
 一方で、論文式試験は毎年25%程度の合格率となっており、短答式試験に合格すれば4人に1人は合格することができます。
 そして、最後の口述式試験は9割以上の合格率となっています。つまり、短答式試験に合格すれば高い確率で弁理士資格を得ることができます。
 短答式試験の合格の秘訣はとにかく過去問を多くこなし、設問を条文毎にしっかりと理解することに尽きます。また、予備校の講義だけでは弁理士短答式試験に合格することはできません。地道に過去問を反復して解き、条文を読み込む必要があります。
 自身が短答式試験の勉強をしていた時に「あったら便利だったのにな」を形にしました。
 本サイトを活用し難関資格である弁理士試験の短答式試験を突破し、人生の新たな一歩を踏み出していただければ幸いです。